小さなお子様連れでNY観光旅行の際、事前に知っておくと便利な情報をあれこれ紹介しています。~お役立ちワンポイント英会話付き~Copyright © 2010 'JPNA"All Rights Reserved.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Q:変圧器は必要ですか?


A:変圧器は基本はなくても大丈夫です。

アメリカ(米国)の電源プラグ形状は、Aタイプと呼ばれるタイプで、日本と同じ。
電圧は110-120Vと日本より若干高いのですが、
携帯電話、デジタルカメラ、ビデオ、ノートブックPCは、普通240Vまで、充電器が対応しているものがほとんどですので、240Vまで対応している場合はそのまま電源プラグに差し込んでも問題ありません。
電圧がさほど大差がないので、日本から持ってきた電化製品についているコンセントはニューヨークでしたら普通に対応しています。
コンセントの差込口の形状が3股になっているものもありますが、
2股のものでもそのまま差し込んでも支障はありません。


ただし、古いものの場合は電圧の問題がでてくるかもしれないので、変圧器を使ったほうがいい場合もあります。

電圧変圧器が必要な場合、ホテルであれば貸し出ししてくれます。




ホテルのバスルームに日本と同じタイプの差込口がある場合、
ほぼ、シェーバー用の軽電流用のものだったりする場合が主なので、
その差込口でドライヤー等を使ったりすると・・・ばん!なんてことになるので要注意!

なお、変換プラグ(英語でADAPTER、アダプター)と、変圧器(英語で TRANSFORMER、トランスフォーマー)は違うので、こちらも注意が必要。
100Vまでしか対応してない機器を、変換プラグのみで利用した場合、一発で壊れる可能性が非常に高い上、
まさかの火災!の原因にもなりかねないので気をつけましょう。


アメリカの電源アメリカアのプラグ形状

 purag2.jpeg
purag.jpeg




質問などがありましたらJPNサイト
子連れ観光掲示板でお気軽にお尋ねください。

みなさんにとって、ニューヨークってどんな印象がありますか?

安全?
危険?
それともオシャレ?


人によって持っている印象は違いますよね。


1980年代のニューヨークはそれはそれは荒れている時代でした。
かなり安全になったと言われるようになったのは、
後に、ルドルフ・ジュリアーニという人が市長になってからの1990年代以降です。
当初、nyの地下鉄に乗ったら殺される・・・なんて噂もあったぐらい。

地下鉄もご覧のとおりsubway.jpeg
落書きだらけ。
 
 
2001年の9月11日を境に、警備が厳しくなったと言われているニューヨークですが、
現在、多くの日本人の方たちがここ、ニューヨークで生活を営み、
その数はだいたいで8万人ほどだと言われています。
街も地下鉄も設備整備が整い、ひと昔前の怖いイメージはどこへやらというぐらい。
へっ? こんなに安全なの?と肩透かしをくらう旅人も多いようです。

 subway2.jpeg地下鉄もピッカピカ。
ちなみに、新しくなった車両は日本の川崎重工さんが創っている日本製です。

ニューヨークのマンハッタン島の大きさは、だいたい東京23区の太田区とほぼ同等。
交通機関の中心は24時間走っている地下鉄やバス。タクシーもたくさん走っています。
地下鉄もバスも乗り方を把握してしまえばとても便利です。
地下鉄に関してはベビーカーも乗せることができ、
意外や意外、つっけんどんなイメージの
あるニューヨーカーですが、困っている人たちにはとても親切です。

ただ、、、ニューヨーカーは英語がとっても早口なのが特徴。
多種多様な人種が行き交い、生活を営む街でもあるニューヨーク。
それぞれのお国なまりの発音に四苦八苦:::なんてことも多々ありますが、、、

大丈夫大丈夫。
相手の英語が聞き取れなくたって落ち込むことなんてありませんよー。

日本語なまりのカタカナ英語だって、
身振り手振り、オーバーアクションを交えて

「私の言っていること、わからないの?」ぐらいの強気な態度でトライしていけば十分伝わります。


旅の恥はかきすて。どんどん積極的に話しかけていきましょう。




質問などがありましたらJPNサイト
子連れ観光掲示板でお気軽にお尋ねください。


たんこぶができちゃったよ~
お膝うっちゃった~
なんていう時は、こちらのクリームがオススメです。

 打撲、捻挫


アーニカクリーム




赤ちゃんから大人まで使える安心のオーガニックタイプのクリームです。

こちらはジェルタイプ。



旅疲れのむくんだ足や、腰の痛み、肩こりにもよく効きます。
アーニカ成分配合のお風呂上りのマッサージ用のオイルもあります。






質問などがありましたらJPNサイト
子連れ観光掲示板でお気軽にお尋ねください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。