小さなお子様連れでNY観光旅行の際、事前に知っておくと便利な情報をあれこれ紹介しています。~お役立ちワンポイント英会話付き~Copyright © 2010 'JPNA"All Rights Reserved.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マンハッタンの中にも、セントラルパーク以外にもたくさんの公園があります。

その中には子どもたちが遊べるプレイグランドが必ず入っています。


u1.jpg



14丁目のユニオンスクエア公園の中にある『EVELYN'S PLAYGROUND』は、2009年12月に新しくなったばかり。

それまでの一般的な古めかしかったプレイグランドから、なんだか美術館の展示物のような遊具に変身。

使われている遊具はデンマークのKOMPANという会社のもの。

ここ5、6年、リニューアルされている公園の遊具には、この会社のものが多く使われています。

u3.jpg
カラフルで、丸くって、とてもかわいいですね。
日本でも世田谷区の砧公園においてありますよ※日本のKOMPANのHP



ユニオンスクエアと言えば、
週末のグリーンマーケットを始め、マンハッタンの中でもとにかく人が集まるスポットの一つ。
この公園の目の前には、オーガニックで有名なスーパーマーケット「Whole Foods(ホールフーズ)」「Treder Joe's(トレーダージョーズ)」もあります。
赤ちゃんグッズに困ったら「Baby"R"us」も徒歩3分圏内。
リッチ条件としては申し分ないところ。

そんな賑わう場所のプレイグランドなので、週末には「こんなに混んでいるの?」という程、
たくさんの子供たちで混み合っています。


狭い中にも様々な遊具があり、
もちろん滑り台や砂場も所狭しと設置されています。

ここの公園の目玉はなんといっても、この半球体の滑り台
u2.jpg


円盤の写真の左奥には、昔タイプの遊具が。
新しい遊具は揺れるから、まだ小さいお子さまにはこちらの方が安心ですね。
その横には砂場もあります。u5.jpg

公園内には、こういった拡張器のようなものがたくさん。

u7.jpg
カラフルで楽しいですね。


  そして、忘れちゃならないトイレ情報。

 u8.jpg


ご覧のとおり、こちらのトイレは大変キレイです。
ベビーカー(ストローラー)ごと入れます。

 ただし、一つだけしかありませんので混み合うことも・・。

このトイレはプレイグランド内にあるのですが、
ユニオンスクエア公園にも、同型のトイレがあるのでそちらを利用することもできますので
お買い物のあとに、ちょっと・・・なんて時に立ち寄れる場所として覚えておくといいと思いますよ。


◎最寄り駅
14丁目(Union Sq)地下鉄4,5,6, L, N,Q, R


質問などがありましたらJPNサイト
子連れ観光掲示板でお気軽にお尋ねください。


クイーンズで一番大きい公園、フラッシング・メドウ・コロナパーク(Flushing Meadows Corona Park)。その一角にあるのが 


 "Playground for All Children"。



q-1



for All Childrenと名前がついているように、

全ての年齢の子どもたちが上手に遊べるように配分されています。


1964年に開催されたニューヨーク万国博覧会で設立され、

このプレイグランド自体は1997年のオープンということもあってか、

最近作られた公園や修復された公園に比べて「やや古い」感が否めませんが、

近くには芝生もあり、ベイビーたちをころころ遊ばせたりするママたちの姿も見受けられます。



 遊具の特徴


歩き出して間もない子供たち用には、入って奥の方にある遊具コーナー。


q-2



ちょっと大きい子供たちは手前にある遊具コーナーで遊べるようになっています。


q-4


なんと音楽関連の遊具もあり、これがよくできています。


 q-5



一見テーブルに見えますが、実はこれはなんとドラム。

向こう側にみえるのは、コンガドラム。


それ以外にも、パネルを踏むと音が出るもの、ハープのようなものもあります。



  

そしてこれが驚きなブランコ


なぜか寝っ転がる形のものばかり!


 

 q-6



実はここのプレイグランド、身体障害者の方でも、適度な運動やできるようにと

配慮されているからなんです。



そういえば車いすでも十分動けるようにゆったりとした作りになっていますね。


奥にはテーブルベンチたくさんがあり、

お約束のお水遊び場もあります。

夏には週末毎に青空誕生日パーティーを開くには最高のロケーションです。







トイレも設置されています。

園内に管理事務室があるので、

もし何か怪我などをしてしまった場合などは対応してくれると思いますので

そちらでお尋ねになってみてください。


 アクセス


この公園はクイーンズ動物園の横にあるので、

与力があれば、動物園に行った帰りにでもちょっと寄ってみるのもいいかもしれませんね。


地下鉄は7番線の111丁目下車。

そこから徒歩で111丁目をずーっと下っていく形になります。

q-7



  

質問などがありましたらJPNサイト

子連れ観光掲示板でお気軽にお尋ねください。


地下鉄2,5番線のWest Farm Sq E Tremont駅を降りて、
ブロンクス動物園のアジア入場口手前にある

  「River Park(リバーパーク)」

こちらは2008年に改装工事が終わったばかりのキレイな公園です。

公園内に河が流れていて、周りの住人の憩いの場になっています。
このブロンクス・リバー・パークというのは、
もっともっと上のほうまでつながっていて(河はブロンクス動物園の中も通っています)、
こちらで紹介するのはその中のほんの一角になります。




遊具も新しくデンマーク製のものが入っていて、
他のプレイグランドではあまり見かけないようなものも設置されています。

夏になると本物の河に似せた河と橋があり、
その両端からお水が噴き出すような噴水になっています。

近所の子供たちの水遊び場にもなっていますね。

バーベキューができるグリルもいくつか設置されているので、
夏の週末は近所の人たちがBBQパーティーをやっていますので、
音楽も溢れかえりとても賑やかな公園です。




ネガテイブポイント

ただ残念なのは、区域上あまり治安がよくないところなので、
園内にあるトイレも男性が女性トイレに入っていたりなど、
マナーに関して、考えられ
ないことも目にすることもあります。

公園自体は改装されてキレイなのですが、
ところどころの汚れ具合が人によっては不快に感じるかもしれません。


もし、こちらの公園を利用される場合は、
気候のいい春先から夏までをお勧めします。



  

質問などがありましたらJPNサイト

子連れ観光掲示板でお気軽にお尋ねください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。