小さなお子様連れでNY観光旅行の際、事前に知っておくと便利な情報をあれこれ紹介しています。~お役立ちワンポイント英会話付き~Copyright © 2010 'JPNA"All Rights Reserved.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cpark1


ブロンクス動物園は遠いし広いし・・・という方向き。
ここなら、子ども連れでも手軽に行けて十分楽しめる大きさの動物園です。



日本では圧倒的にイルカのほうがアシカよりも人気ですが、ここでの人気者はアシカくん。

    
   ashika


セントラルパーク動物園のみならず、ブロンクス動物園、プロスペクトパーク(ブルックリン)動物園にクイーンズ動物園でもお馴染みの人気ものです。



1日に何度もある餌の時間には子供たちが集まって楽しくアシカくんたちの演技を楽しみます。

とくにセントラルパーク動物園の場合、
入り口入って右手にすぐあるので、まずは最初にアシカくんとご対面いう感じでしょうか。



そのアシカを通り抜けていくと奥にはペンギン館があります。


 cpark2
   
入ってすぐ、ひんやりと肌寒さとともに圧倒的なペンギン臭さにお鼻がまがってしまいそうですが、
水槽に入っているペンギンたちを見ればそんな臭いも忘れちゃいます。

こちらは真夏の暑いときにいくと涼み場所ともなっているのでかなり混んでいます。
 得に餌の時間は混み合っていますので、小さなお子さまがいる場合は気をつけて下さい。

  
 ワンポイントアドバイス
  
   ベビーカーは専用パーキングにおいて観覧しましょう。

混んでいるときでも平気でベビーカーにのせて入られる親御さんがいらっしゃいますが、
これはNG。他の方の迷惑になるので(当サイトのスタッフ経験済み
館内の外にあるパーキングに置くようにしましょう(貴重品なども自己管理しましょう)


そして、ペンギンの横にいるのはシロクマ。
  shirokuma

お水の中に入って泳ぐ姿はとてもキュート。
シロクマのおしりをどかんと見られる場所は世界広しといえども、そうそうないかと思います。


動物園の目玉は、2009年にお目見えしたスノウレパード(ユキヒョウ)」

  
  snow-leopard

  

ヒマラヤ山脈あたりに生息し、標高600mから6000mあたりの岩場に生息しているようです




ところで。
セントラルパーク動物園には日本人の私たちになじみの深い動物がいるって知っていますか?


   なんと日本ザルがいるのです!


  
  saru


園内真ん中にある池にいますよー。
この池、冬になると暖かくなるようで、
運がよかったら温泉につかっている日本ザルが見られるかもしれま




その池の横にあるのが、熱帯雨林館。

館内にカラフルな鳥たちが所狭しと飛び回っています。

あとピラニアやカエルたちがいて、まさに熱帯雨林、アマゾンなジャングル感満載です。

夏に入ると不快度指数100%なんですが、
ちょっと肌寒い時には暖の取れる素敵な場所です。



 レッサーパンダもいますよー。



さて、この本園をいったん出て、
からくり門を越えると右手に子ども動物園(Children's Zoo)がお目見えします。

 
   spark-czoo

こちらもブロンクス動物園同様、ヤギ、ブタ、イノシシなどに触ることができますよ。

それに1mもあるウミガメの卵やミドリガメの甲羅に入ったり、クモの巣の遊具で遊ぶこともできます。



園内豆知識

ブロンクス動物園と違って大きくないこと、
セントラルパーク内にあることもあってか、トイレの数が少ないです。

 おむつ替えの場所は?


ニューヨークでは公共の場にあるトイレをみつけるのが至難です。
得におむつ替えの台があるところは尚更。
ニューヨークのママたちは、夏場、冬場に限らず
赤ちゃんのオムツ替えはベンチやベビーカー内でさっと済ませてしまう方がとても多いです。
日本と違ってベビー連れに寛大なニューヨーカー。
ゴミ箱はいたるところにあるので、
万が一、トイレが混んでいたりみつからなかった場合を想定して、
汚物用のビニール袋(スーパーやデリなどでもらえるものでも可)を
数枚もちあわせておくことをお勧めします。

カフェ、おみやげ物やの売店も1つづつしかありませんが

簡単な食事、ザ・ニューヨークなホットドックやプリッツェル、
飲み物などは公園内に出ているベンダー(屋台)から買うことができます。



料金

大人:12ドル

子ども:7ドル



詳しくはHPでお調べください。

http://www.centralparkzoo.com/


 
質問などがありましたらJPNサイト
子連れ観光掲示板でお気軽にお尋ねください。


 トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。