小さなお子様連れでNY観光旅行の際、事前に知っておくと便利な情報をあれこれ紹介しています。~お役立ちワンポイント英会話付き~Copyright © 2010 'JPNA"All Rights Reserved.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画やテレビで戦闘機や空母を見たことがあっても、
実際に見る機会というのはどのくらいあると思いますか?

水族館へ行って、潜水艦のような形で海の中を潜ることがあっても、
実際に使われていた潜水艦に乗る経験なんて、そうそうできませんよね?

ましてや世界最速で空を飛んでしまった旅客機、コンコルドなんて乗れることがあるのでしょうか?



 そんな体験ができてしまうのが

  イントレピッド海上航空宇宙博物館。


intrepid-museum







このイントレピッドは、
第二次世界大戦から冷戦時代まで実際にアメリカ海軍で使用されていた航空母艦イントレピッドを利用して博物館としてオープンしています。

  USS Intrepid Museum


司令室や操縦室、その横にある事務室や寝室なども一緒に見られ、
チケットを買う前に空港で通るようなセキュリティーもあります。

さてこの博物館。
中はとにかく広く、イントレピッドの歴史が満載。
真ん中辺りには日本軍からの攻撃を受けたことが何枚のもスクリーンを駆使して上映されています。

その奥に行くと体験コーナーがあって、戦闘機のコクピットに乗れたり、
実際に宇宙で作業するときの手作業体験が出来るコーナー、

さらに奥に行くと、4Dで体験する宇宙アドベンチャー(別料金がかかります)や、
宇宙船に乗った体験(別料金がかかります)があったりと、
とにかくアメリカ空軍、海軍などの全面バックアップ(+NASA)で至れり尽くせり

子どもにとってはワクワクするようなコーナが目白押しです。

飛行甲板上には、各種飛行機も展示されていてなかなかの迫力です。
降りてくる階段には戦闘機を打ち落とすための銃が(さびてはいます)備え付けられていて、
実際に使われていたことがわかります。


     uss_intrepid_museum_01192
 
空母を出ると、奥の方には世界最速でロンドンーニューヨーク間を飛んだコンコルドが表示されています。実際中に入ってみることもでき、操縦席もみられますよ。

    Concorde-at-the-Intrepid-Museum-P1110


手前の入り口のほうには潜水艦が。
こちらも中に入れますが、閉館の1時間前には展示を終了するということなので、
興味がある場合は先に入った方がいいでしょう。
実際にハドソン川の中に入っているので潜水艦の中を体験できます。


トイレ設備

とにかくキレイで沢山あります。
赤ちゃんがオムツを替えられる台も壁についています。

便利情報
ニューヨークではめずらしく、飲み物の自動販売機がこの博物館にはたくさん設置されています
お子さんが冷たい飲み物を飲みたくなっても大丈夫。
Au Bon Pain(オーボンパン)というカフェもあるので、そちらで軽食もとれます。

真夏になると日差しが少々きついかもしれませんが、
外にはベンチがいくつか設置されているので、そちらでも簡単な食事はできます。


 豆知識

5月の最終月曜日はメモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)。
その週がニューヨークではフリートウィーク(Fleet Week)の時期に重なり、
米軍海軍や海岸警備隊の船艦と水兵さんたちがニューヨークに集結します。

そこで水平さんたち向けの慰安イベントが至るところで開かれるのですが、
もちろんイントレピッド博物館でも行われます。
水兵さんたちはとってもフレンドリーなので、
頼めば一緒に写真もOK、握手もしてもらえますよ。

イントレピッド博物館では、子ども向けのイベントもたくさん行っているのでHP調べてみてはいかがでしょうか。


INTREPID Sea, Air & Space Museum
46th Street & 12th Ave (ハドソン川沿い西端ピア86)
Tel : 212-254-0072
URL : 
http://www.intrepidmuseum.org/

ベビーカーの持ち込み可。
日本語でのオーディオツアーもあります。

  

質問などがありましたらJPNサイト

子連れ観光掲示板でお気軽にお尋ねください。






 トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://jpinny.blog.fc2.com/tb.php/14-9b1e14b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。