小さなお子様連れでNY観光旅行の際、事前に知っておくと便利な情報をあれこれ紹介しています。~お役立ちワンポイント英会話付き~Copyright © 2010 'JPNA"All Rights Reserved.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   toysrus-ext


子どもと一緒に行くのなら、タイムズ・スクエアにあるトイザラス」は外せません。

トイザラスは日本でもお馴染みのおもちゃ屋さんですが、
ニューヨークのザラスは、とにかく巨大!。
タイムズ・スクエア店には、なんと!
どかんと吹き抜けを使って作った館内観覧車があります。

    zaras wheel


 内観の様子

 

<1階セクション>
 1kai

・今現在テレビ放送されているおもちゃ達。
※2009から10年に放送された『侍戦隊シンケンジャー』のアメリカ版『パワーレンジャー:サムライ』に出演中のシンケンレッド。超マッチョです)。

・『チャーリーとチョコレート工場』で有名なウォンカ氏のお菓子セクション

・ニューヨーク限定商品

などなどが取り扱われています。

<2階セクション>
 
   2kai


・レゴセクション(レゴブロックで作られたエンパイアーステイトビルなど圧巻です)。

アメリカの伝説と言っても過言でないスターウォーズ関連グッズ。

・スーパーマン、スパイダーマンが空にいます。

・『機関車トーマス』セクションでは、線路が設置されているので、
マイトレインを持っていって、ちょこっと遊ばせてやることもできますよ
(※あまりたくさん持っていくと、他の子供たちが遊びたがるので、
  シェアが難しい場合は1台にしておきましょう)


 現地流ワンポイント英会話

    It’s mine!(それ、僕のだよ!)

 ※自分のおもちゃを他の子がもっていってしまいそうになった場合、
   お子さん自身が言うとかなり有効的。
 
     
terano



・実物サイズのティラノサウルスは映画『ジュラシックパーク』から。
ガオーと叫ぶせいか、泣き出す子どももいます。

・女の子のための『バービー』セクションも充実。
もちろんベイビー用品、学校系なものまでと多彩に取り扱われています。

  
   zaras1



地下1階は観覧車乗り場と同時にiPodなどを始めとした電化製品、
反対側にいけばアウトドア系のもの(自転車など)が売られています。
食事どころは、ハーゲンダッツにピザ屋が入っています。

おもちゃ屋さんなのに、まる1日遊べる作りになっているあたりが
家族連れだけでなくカップルのデートスポットになっているのも納得ができます。

運がよければ、
子供たちのヒーロー、スパイダーマンと一緒に写真撮影ができたり、
トイザラウスのマスコットのキリンとも写真撮影のチャンスも。

大観覧車は、ゴンドラに子供たちに人気のキャラクターがくっついているので、
それを見ていると待っている間も退屈しません(M&M、バービー、Toy Storyなどなど)。
身長、年齢制限がありますのでご注意を。


Toy R Us
1514 Broadway at 44th street
646-366-8800



  

質問などがありましたらJPNサイト

子連れ観光掲示板でお気軽にお尋ねください。


スポンサーサイト
映画やテレビで戦闘機や空母を見たことがあっても、
実際に見る機会というのはどのくらいあると思いますか?

水族館へ行って、潜水艦のような形で海の中を潜ることがあっても、
実際に使われていた潜水艦に乗る経験なんて、そうそうできませんよね?

ましてや世界最速で空を飛んでしまった旅客機、コンコルドなんて乗れることがあるのでしょうか?



 そんな体験ができてしまうのが

  イントレピッド海上航空宇宙博物館。


intrepid-museum







このイントレピッドは、
第二次世界大戦から冷戦時代まで実際にアメリカ海軍で使用されていた航空母艦イントレピッドを利用して博物館としてオープンしています。

  USS Intrepid Museum


司令室や操縦室、その横にある事務室や寝室なども一緒に見られ、
チケットを買う前に空港で通るようなセキュリティーもあります。

さてこの博物館。
中はとにかく広く、イントレピッドの歴史が満載。
真ん中辺りには日本軍からの攻撃を受けたことが何枚のもスクリーンを駆使して上映されています。

その奥に行くと体験コーナーがあって、戦闘機のコクピットに乗れたり、
実際に宇宙で作業するときの手作業体験が出来るコーナー、

さらに奥に行くと、4Dで体験する宇宙アドベンチャー(別料金がかかります)や、
宇宙船に乗った体験(別料金がかかります)があったりと、
とにかくアメリカ空軍、海軍などの全面バックアップ(+NASA)で至れり尽くせり

子どもにとってはワクワクするようなコーナが目白押しです。

飛行甲板上には、各種飛行機も展示されていてなかなかの迫力です。
降りてくる階段には戦闘機を打ち落とすための銃が(さびてはいます)備え付けられていて、
実際に使われていたことがわかります。


     uss_intrepid_museum_01192
 
空母を出ると、奥の方には世界最速でロンドンーニューヨーク間を飛んだコンコルドが表示されています。実際中に入ってみることもでき、操縦席もみられますよ。

    Concorde-at-the-Intrepid-Museum-P1110


手前の入り口のほうには潜水艦が。
こちらも中に入れますが、閉館の1時間前には展示を終了するということなので、
興味がある場合は先に入った方がいいでしょう。
実際にハドソン川の中に入っているので潜水艦の中を体験できます。


トイレ設備

とにかくキレイで沢山あります。
赤ちゃんがオムツを替えられる台も壁についています。

便利情報
ニューヨークではめずらしく、飲み物の自動販売機がこの博物館にはたくさん設置されています
お子さんが冷たい飲み物を飲みたくなっても大丈夫。
Au Bon Pain(オーボンパン)というカフェもあるので、そちらで軽食もとれます。

真夏になると日差しが少々きついかもしれませんが、
外にはベンチがいくつか設置されているので、そちらでも簡単な食事はできます。


 豆知識

5月の最終月曜日はメモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)。
その週がニューヨークではフリートウィーク(Fleet Week)の時期に重なり、
米軍海軍や海岸警備隊の船艦と水兵さんたちがニューヨークに集結します。

そこで水平さんたち向けの慰安イベントが至るところで開かれるのですが、
もちろんイントレピッド博物館でも行われます。
水兵さんたちはとってもフレンドリーなので、
頼めば一緒に写真もOK、握手もしてもらえますよ。

イントレピッド博物館では、子ども向けのイベントもたくさん行っているのでHP調べてみてはいかがでしょうか。


INTREPID Sea, Air & Space Museum
46th Street & 12th Ave (ハドソン川沿い西端ピア86)
Tel : 212-254-0072
URL : 
http://www.intrepidmuseum.org/

ベビーカーの持ち込み可。
日本語でのオーディオツアーもあります。

  

質問などがありましたらJPNサイト

子連れ観光掲示板でお気軽にお尋ねください。






  Entrance_5179

New York Transit Museum

電車大好き、車大好き~な、乗り物大好きなお子さんやお父さんには
是非行って欲しい博物館。

古き良きニューヨークが味わえる場所でもありますので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

週末にはたくさんの家族連れでにぎわっていますよ。

@Brooklyn

住所:120 Schermerhorn St, Brooklyn

電話:718-694-1600

URL : http://mta.info/mta/museum/index.html




さてさて、こちらの博物館の場所。

  tm-m


いわゆる他の美術館や博物館と違って、昔使っていた駅を改造して博物館にしているため、
なんと!地下鉄の入り口が博物館の入り口になっています。

少々分かり辛いので、
外に「New York Transit Museum」と旗を目安にして下さい。

 現地流ワンポイント英会話

   Where is the Entrance ?(入り口どこ?)



 館内の様子

注意

こちらの博物館は残念ながら館内へのベビーカーの持ち込みはできません。

料金所の側にたたんで置くことになります。

警備員の方がいるので盗まれる心配はありませんが、
クロークもありませんので、貴重品等初め、荷物は各自が持ち歩く形になります。

但し、奥にカフェテリアがあるのでランチなどの食べ物持ち込みが可能です。


さて、こちらの博物館の目玉はなんといっても、
地下2階にあるホームに置いてある昔の地下鉄車両。
 
tm5

 

1920年代(日本では大正時代ですね)から現代の地下鉄まで置いてあります。

もちろん乗車可能。当時の地下鉄の地図や広告まで貼ってあり、一気にタイムスリップができます。


   tm6



上の階では、どうやって地下鉄ができたのか、昔の改札、
昔のトークン(今ではメトロカードになってしまいましたが)など、
ニューヨークの鉄道にまつわる歴史表示がされています。



                  

地下1階の奥へ進むと、バスの歴史が学べます。

 tm4



最近のバスと、昔のバスの運転席に座ることができ、いっぱし運転手気取りができますよ

 
   ポイント ここに座って記念撮影しましょう。

 

現地裏情報
  tm8


※こちらの博物館ではお子さまの誕生日パーティーをすることもできます。
時期毎にイベントも開催されているので、
現地長期&在住の方は、ホームページでチェックしてみてください。

     

鉄道グッズ&お土産

博物館を出た後は、横にあるお土産店は是非立ち寄ってください。

  
    tm9

    tm11

木製の地下鉄のおもちゃ、Tシャツなどなど、たくさんの地下鉄グッズが売っています。

もちろん地下鉄の歴史にまつわる本や絵本も充実しています。



お土産番外編



@Grand Central Station on 42nd

42丁目にあるグランドセントラル駅。

こちらの1階に地下鉄グッズを売っているショップとギャラリーがあります。
※ブルックリン博物館で売り切れていたモノがこちらで手に入る場合もあります。

駅構内にあるということで、
ラストミニッツでのお土産の買い物にも便利かもしれませんね。


ちなみに、グランドセントラル駅の目玉は、なんといってもホリデーシーズンに設置される巨大ジオラマ(だいたい12月の半ばから1月半ばまで)。

おなじみの地下鉄からポーラエクスプレスまで走っていて、
大人も子どもも夢の世界へ連れて行ってくれます。
時期があえば是非、ご覧になってみてください。

   tm10








質問などがありましたらJPNサイト

子連れ観光掲示板でお気軽にお尋ねください。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。