小さなお子様連れでNY観光旅行の際、事前に知っておくと便利な情報をあれこれ紹介しています。~お役立ちワンポイント英会話付き~Copyright © 2010 'JPNA"All Rights Reserved.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニューヨークの子どもたちは夏のプレイグランドでは、、
目下噴水で遊ぶのがメイン。

どこのプレイグランドにいってもかならず噴水があるので手軽に水遊びができます。


 チェルシー地区にある「Waterside Park
 ここは、お水で心置きなく遊べる公園です。

この公園は、
ハドソンリバー(ハドソン河)沿いに作られている公園内の(下はトライベッカから上はミッドタウンまで)の
一部にあたります。いわば、公園の中に創られた公園という感じですね。


cp.jpg

総面積的にはユニオンスクエアのEVELYN'S PLAYGROUNDよりも小さいとはいえ、
遊具の配置のせいか、全体的にゆったりとした感じの作りになっています。
遊具はEVELYN'S PLAYGROUNDでもおなじみのKOMPAN社製
c2.jpg


こちらはお砂場
c4.jpg


緑も豊富

c5.jpg

ベンチにはパラソルがあり、大人の休憩&日陰対策も考慮されています。

狭いながらになかなかの盛りだくさん。

 なのですが・・・

ちょっと残念なのが、トイレが近くにないこと。
この辺りは開発中ということもあり、簡易トイレが一つだけある状態。

道路挟んだ向こう側がチェルシーピア(大型スポーツ総合センター)なので
そちらを使用するという手もあります。(事情を話せば利用できると思います)


 ワンポイント英会話

 Is Bathroom available for my baby?
 トイレをつかうことはできますか?


とにかく、お水で思いきり遊びたい時、
夏に一度は訪れてみたいマストプレイスです。
大きめの日よけの帽子、日傘、日焼け止めなどのアイテムはお忘れなく。
c6.jpg



質問などがありましたらJPNサイト
子連れ観光掲示板でお気軽にお尋ねください。

スポンサーサイト
トライベッカ地区にあるプレイグランドといえば『Washington Market Park』

 tp.jpg

 
夏場には毎週土曜日に、この公園前のストリートでグリーンマーケットが開催されています。
公園の入り口付近では、近所に住んでいる子供たちによるフリーマーケットが開催されていたり(収益金は全て寄付だそうです)。

この公園の特徴としては、
コンポスト用のコンテナが置かれていてそこに生ゴミを捨てることができることと赤い遊具

tp2.jpg
この遊具は水槽タンクをモデルにしてるそう。

tp3.jpg
入口付近にある、ボートをモデルした遊具。
下は砂場になっています。


tp5.jpg
ちょっと年齢が上がった子ども用遊具ももちろんありますよー

tp8.jpg

緑がとても多く、小さなガーデンもあったり、ちょっと横になれる芝生ポイントもあったりと、
小さいながらも充実したつくりになっているこの公園。
ベンチテーブルもあるので、そこを利用して誕生日パーティーを開いたりと、
近所の人たちの憩いの場になっています。



◎最寄り駅

地下鉄1,2,3番線 Chambers Street下車
On Greenwich Street btw Chambers Street & Duane Street.
http://www.washingtonmarketpark.org/




質問などがありましたらJPNサイト
子連れ観光掲示板でお気軽にお尋ねください。

2001年にクリントン元大統領が、ハーレムの125丁目にオフィスを構えてから開発がめざましいハーレム地区。

元来1850年代頃のハーレムは、
白人の別荘地としてに発達した場所なので他の地域と比べて高い建物もなく、
道幅も広くゆったりとしています。

その125丁目から西側に移動し、116丁目方向に視点を合わせるとコロンビア大学が視界にはいってきます。
そのコロンビア大学の足下にあるのが『Mornignside Park』

 h1.jpg


公園の特徴

モーニングサイトパークは110丁目から124丁目までと、縦に長い公園。
このプレイグランド はちょうど真ん中の117丁目にあります。

”ハーレム”と聞くと、黒人が多い、危険、なイメージがまだあるかもしれませんが、開発が進み、この公園近くの街並みはアッパーウェストサイドのような感じです。
そしてヨーロッパ系の人たちを始め、いろいろな国の人たちがハーレムへ移動してきていることもあり、
この付近だけをみれば、昔のような「ハーレム=黒人の街」とは一概には言えないような発展ぶりをみせています。

そんな人種の変動に呼応するかのように、2007年にリニューアルしたこのプレイグランド 。
近所に住んでいるお母さんたちは
「やっとアップタウン(ハーレムのこと)にも、ダウンタウンやトライベッカ並みのプレイグランド ができたわね」と喜んだそうです。

残念ながらリニューアルするまでは、けっしてキレイとはいえない遊具に、
ドラッグの売買に関わる大人たちのほうが、遊んでいる子どもたちよりも多かったそうです。

そんな過去のプレイグランドからは見違えるような変身をとげたこのプレイグランド!
ハイハイできる小さな子どもから、走り回っても走り回っても疲れをしらない年齢の子どもだちまでと、
幅広い層に対応した設備も充実しているので、十分楽しめます。

h2.jpg
夏になると足元からお水がでてきて、水口に足で覆うのが子どもたちにとっては楽しい様子。

h4.jpg


h6.jpg

この写真右上あたりにコロンビア大学があります。



こちらはなんと石で作られたサーキットコース
みんな、お気に入りの車や電車のおもちゃを持ちよって遊んでいます
h7.jpg4

サーキットコースの横には小さい子用のブランコもありますよ~。
h8.jpg



園内には小さな池や滝もあり、週末にはサッカーチームの練習などをやっている姿もよくみかけます。
夏場は盛んにBBQも行われていますよー。

緑の多い公園なので、
120丁目のほうから坂道を上がってコロンビア大学のほうへ抜ける道などを通りながら、
ゆるっとお散歩するにもなかなか気分がゆったりできる公園です。

◎最寄り駅
116丁目駅下車
地下鉄B,C

公園のHP
http://morningsidepark.org/


質問などがありましたらJPNサイト
子連れ観光掲示板でお気軽にお尋ねください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。